パリの空

<< c’est la fin de l’ecole avec le diplome en chocolat | main | j’ai trouve les biscuits de LU nantais >>
je suis tres heureuse des moments agreable a Nantes avec vous!
2013.7.6(土- 7(日)17/30℃ 

 

 

ボンジュール。

今日の空は・・・ナントですよ!

夏休み最初の週末、私たちもビューンとパリを出て、友が住むナントへ。

TGVで2時間ちょっと。海のそば、ブルターニュ地方の街ですよ。

バターがおいしいブルターニュらしく、草原が広がって、牛がいっぱいいたり、

車窓も楽しいな〜。

そして、ウキウキでナントに着いたら、さっそく大きなお城の壁。

白と黒のブルターニュの旗もひらめいて、

ちょっと進んでは足を止めて、すべてが新鮮でまぶしいですよ。

 

 

そして、久しぶりの友に再会!ドアから覗いた顔がうれしくて、思わず大きな笑顔になっちゃいましたよ。早朝起きでパリから車で来た友家族も、無事に到着していて、みんなでボンジュール。友たちの子も大きくなって、みんなでナントにいるのが、すごーくうれしいな〜。友の大きなお家にも感動〜。話がなかなかつきないまま、ナント観光へ。古い木組みの建物が残っていたり、でもすぐそばでは、コンテンポラリーアートの展示があったり、時代のギャップがうまく共生していて、活気大。教会の鐘が響く中、細い道をクネクネ歩いたり、建築好きな友がいろいろ解説してくれたりして、視点が楽しいな。斜めに張り出ている家もあったり、暑くてもどこまでも歩きたくなっちゃうくらい。そして、フランスでおなじみのビスケット「LU」の工場跡へ(写真左)。ナント生まれのLUの工場、ビスケット好きには感動の表敬訪問ですよ。工場だったとは思えないような外観に感動しつつ、中に入ったら、コンテンポラリーアートのギャラリー。グッドセンスなナントのアート感覚に、目が開きっぱなしだな〜。

 

 

そして、パッサージュ・ポムレー。ジャック・ドゥミの映画「LOLA」(1961年)に出てきたパッサージュですよ。1843年に建てられた3階建てのアーケード。彫刻がぐるりと一周してたり、階段のこまかい装飾もすてき。ローラとローランが出会ったほろ苦い思い出のパッサージュ。う〜ん、とジャック・ドゥミの世界に浸ってたら・・・

 

 

友たちは、クイニー・アマンに釘づけですよ。フランス最優秀(MOF)を取得したパティシエGeorges LARNICOLのお店。クイニー・アマン(ブルターニュ地方のお菓子)がきれいに並んで、誘惑大。困っちゃうな〜。たっぷりバターにキャラメリゼされたデニッシュ生地がおいしくて、クイニー・アマンに出会うたびに、心で大きな葛藤ですよ。でも、せっかくのブルターニュ。カロリーなんて、さようなら。ジュワッと口に広がるバターに、顔がにやけて、おいしいな〜。

 

 

そして、夜も顔がにやけっぱなし。友おすすめのブラッスリーでディナーですよ。1895年に建てられた、歴史のあるブラッスリー。アールヌーボの内装に魅了されつつ、食事にも心奪われ、あ〜、幸せ。前菜は、冷製のリゾットにカルパッチョが乗って(写真右上)、しっかりとチーズの風味を保ちつつ、さっぱりとしたカルパッチョが合わさって美味。ワインともよくあって、あ〜、いい時間。ヒラメのグリル(メイン:写真左)もおいしくて、大満足。友も子羊のグリルに、目を閉じて、深呼吸ですよ。お店のムッシュたちもみんな優しくて、ステキな笑顔。ナントに、ますます魅かれちゃうな〜。

 

 

そして、巨大なゾウ!

ロワール川に挟まれたマシーンの島で、機械仕掛けのショータイム。

想像をはるかに超える壮大なスペクタクルに、大興奮。

3階建てのメリーゴーラウンドにも目を奪われつつ、動き出したゾウに釘づけ。

鼻からプシューっと水が出てきて、みんな大はしゃぎですよ。

 

 

クルっと向きを変えて、お散歩スタート。

足の動きも鼻の動きも、機械とは思えない柔らかさ。

自然に後を追いかけちゃって、ずっと見てたいくらいだな〜。

 

 

3階建てのメリーゴーラウンド。

中に入ってみたら、なんと回転寿しでビックリ。・・・いえいえ、ナント生まれの作家、ジュール・ヴェルヌの世界ですよ。「海底二万里」で有名なジュール・ヴェルヌ。1階、2階は、海の中。3階はドラゴンがいたり、船があったり、海の世界が広がって、あー、すばらしい想像力。メリーゴラウンドはふわふわメルヘンなものが多いけど、ガツンとアートなメリーゴーラウンド。一気にジュール・ヴェルヌのファンになりそう。

 

 

2階にエイが舞う中、1階では、カニ、巻き貝、イカ・・・

妖艶な色に少しだけ差し込む光が、本当に深海みたい。

友たちの子に負けないくらい、子供心全開で、マシーンの島を満喫ですよ。

 

 

そして、もちろん甘―い時間も。

おいしいご飯に、おいしいデザート。

たくさんのおしゃべりと上質な時間が楽しくて、心からリラックス。

大好きな友たちとその家族に、たくさんのメルシー・ボクー。

またすぐにでも、ナントに飛んで行きたいくらいですよ!

 

 

0
    | - | 19:33 | - | - |